SERVICES

事業案内

Electric Enginieering

通信用電力設備施工

技術的な優位性の一つに、電気設備工事の卓越した技術をバランスよく備えた統合技術があります。その統合技術力を活かした電気設備の事業分野において、あらゆるご相談に対応可能です。

通信電力作業
通信用電力の構成図

通信用電力は、日常生活や経済・社会活動を支える上で極めて重要な役割を担っています。情報通信ネットワークは、交換機や伝送装置、無線装置など数多くの通信装置で構成されていますが、これらの通信装置が所定の動作を正確におこなってはじめてその機能を果たすことができます。そのためには各通信装置に対して適切な電流や電圧を、停電時にも中断・瞬断なく安定的に供給することが不可欠です。このように通信装置の特性に合わせて最適化されて供給される電力を通信用電力と言います。

通信用電力システムは、受配電装置・電力変換装置・長時間エネルギー及び短時間エネルギー装置に分けることができ、これらを組み合わせて1 つの通信用電力システムが構成されています。受配電装置は、通常は電力会社から交流電力を受電し、所要電圧に変圧し電力装置に供給します。

電力変換装置は、受配電装置からの交流電力を通信装置が、必要とする形の電力に変換して供給します。

※この電力変換装置には、整流装置や無停電交流電源装置(UPS)などがあります。長(短)時間エネルギー装置は、地震・雷などによる停電に備えての予備電源として設置します。※エンジン発電装置、蓄電池が広く利用されております。電力会社からの供給が難しい地域では、太陽光・風力発電装置が用いられております。

(株)瀬戸テックではこのような装置の、設置及び電力供給システムの工事を受注しております。

Environment Energy

エネルギー・環境

次世代の環境とエネルギーを考慮し、環境にやさしい新エネルギーシステムの構築プロジェクトに積極的に取り組んでおり、人々が安心して暮らせる環境作りを目指しております。

瀬戸テックのソーラー施工
Communication Enginieering

通信・IT設備

電気通信分野はブロードバンド(高速大容量情報通信)の時代を迎え、通信インフラの高速化は社会の要請となっています。当社は長年にわたって、情報社会の通信インフラ事業に携わり多くの実績を残してきました。今後も最先端の技術とノウハウで皆様の暮らしや社会の要請にお応えします。

通信機器
laptop, computer, pile